晴れたり曇ったり、ときどき走ったり

還暦過ぎて週イチジョギング&ブログにトライ。時々ゆるっと思いを綴ります。

ぼっちフルの備忘録

自分のための忘備録。

ちょっと長くなりました。

オヤジ(ジジイともいう)の初ぼっちフルレポ。

読んでやってもいいよ〜、

という奇特な方はお暇なときにお読みください(笑)

 

 

還暦過ぎのオヤジの小さなチャレンジ、

ぼっちフルの投稿に、

思いもかけず沢山の応援コメントやスターを頂いた。

スターの一つ一つ、想いを込めたコメントの数々に

走ってよかったな、トライしてよかったな、

と心から思った。

本当にありがとうございました。

 

 

還暦を迎えて走り始めて2年経過。

これまでレースは昨年12月の赤羽ハーフマラソンのみ。

いつかは大きな大会でフルマラソンを走ってみたい、

大勢の選手に混じって、沿道の声援を受けて、

42.195キロにチャレンジしたい。

けどこのコロナ禍の中、

なかなか走れそうな環境が整わない。

 

 

前にも書いたけれど、

今月25日で40年間勤めた会社を退職する。

その後のことはまだ真っ白。

先月娘には二人目の孫が産まれた。

昨年入籍した長男からも、

子供ができたよ、予定日は来年1月、

と嬉しい連絡があった。

9月で16歳になる柴の愛犬コゲは、

相変わらず寝たきりだけど、

目を覚ませば吠えるけど、

まだまだ生きるぞ、と頑張っている。

そんなこんな、大きな節目だよね。

 

 

こんな節目に何かチャレンジしてみたい。

それにはやっぱりフルマラソン、

一人でもいいからチャレンジしよう、と思った。

これまでLSDで30キロは何度か走った。

けど30キロで目一杯だった。

あと12.195キロも走れるものか、と感じた。

 

 

計画では6:30で行けるとこまで。

ハーフマラソンはネット1:59:54で走っているので

25キロくらいまでは行けるだろう。

そのあとは30キロまでを7分以内、

残り12.195キロを7:30までで走れれば

5時間は十分にきれるはず!

そんな甘い考えでいた。

 

 

当日朝4時起床。

コゲはまだ静かに寝てくれている。

いつもは散歩が先だけど、今日は少し早いので

静かに寝てるうちに、先に朝メシを済まそう。

納豆ご飯と味噌汁かき込んで、

ちょうどコゲが唸りだした。

散歩を終えてウンチもさせて、

寝かしつけたらまたしばらく寝てくれる。

 

 

さあ、いよいよ出発です。(やっとか)

コースは今まで何度も走っているお馴染みの、

新川を遡って印旛沼までの往復コース。

気温20度、風ほとんど感じず。

曇りで日差しなし。

絶好のランニング日和だね!

向かいのコンビニでポカリ購入、

Yurenikuiにセットして、イザ!

まずはウォーミングアップを少ししてから、

ラップボタンを押してフルマラソンスタート‼️

 

f:id:wakuwaku60:20210606123807j:plain


最初に思ったことは、

これでもう42.195キロ走り切るまで止まれない、

それは何時間後だ?

その時は来るのか?

って事だった。

 

自分なりのルールを決めた。

トイレと給水での立ち止まりは可。

走りながら飲むのが下手なので・・。

ただ時計は止めない。(そりゃそうだ)

基本河川敷の遊歩道だから信号は無いけれど、

途中3箇所、交通量の多い道路を横断する。

その時だけは時計止めてヨシ。

 

 

最初の10キロ

f:id:wakuwaku60:20210606123915j:plain

 

突っ込まないよう計画通りキロ6:30で。

8キロ目(ラップ9)のキロ7:01はトイレタイムね。

せっかく42キロも走るんだから、

何か考えながら走るかと思いつく。

気も紛れるし、長旅だからね。

そこで、勤続40年。

10キロごとに10年づつを振り返りつつ走るのもいいかも、と思いつく。

40年振り返った頃にはゴールも間近だ。

これいいね。

入社して最初の10年は京都で勤務。

そこで出会った多くの人たち。

お世話になったあの方、この方。

あんな仕事やこんな仕事。

職場の仲間達。

カミさんもそこで出会った職場の仲間。

 

いつもの走り慣れたコースを淡々と。

いいリズムで走れてるかな。

 

 

11キロ〜20キロ

f:id:wakuwaku60:20210606124004j:plain

 

15キロで風車の公園を過ぎた。

30キロ走ではここで少し休憩して帰路に着く。

今日は休むこと無く通過した。

これ以上行ってしまうと、

もう帰るしかないんやで・・・。

と当たり前のことが頭をよぎる。

ペースはなんとか6:30を維持。

よしよし、大丈夫、行けるいける。

けど次の10年、東京転勤以降の振り返り、

余裕がなくてもうできません (^^;

 

 

21キロ〜30キロ

f:id:wakuwaku60:20210606124109j:plain

 

だんだん脚が重くなる。

22キロで折り返し、ナウマン象の公園着。

公園の水道で頭から水をかぶる。

メダリスト補給と給水と、屈伸少々。

あかん、7:49もかかってしまった。(ラップ24)

いよいよ復路だ。

もう帰るしかない。

有森裕子さんと、高橋尚子さんも練習で走った

オリンピックロード。

少しづつ足が思うように出なくなる。

5.5キロ先の風車の公園が遠く感じる。

風車の公園に着いた。

ここでペットボトルを補給しないと、

今度は10キロ先の道の駅まで自販機がない。

スマホ対応の自販機でいろはすを買う。

手がワナワナして上手く買えない。

小銭持ってくればよかったと思った。

手間取った。

尿意はあまりなかったが、念のためトイレ。

このラップ10:06もかかってしまった。(ラップ29)

25キロ過ぎからは、予定通りキロ7:00を超えだした。

何とかキロ7:30は超えないように頑張る。

 

31キロ〜ゴール

f:id:wakuwaku60:20210606124229j:plain

 

30キロ以降は初体験。

自分の体に何が起こるのか、どんな世界が見えるのか。

呼吸に合わせてピッチを意識して、

何とかキロ7:30をキープする。

このペースを維持できれば十分5時間は切れるはず。

だけど35キロ目にそれは突然やってきた。

体が前に進まない。

腕も脚も鉛のように重い。

キロ8分を大きくオーバーしだした。

もう歩いているのと変わらない。

けど歩いている人をパスするときだけ、

ちょと気合が入って走っているふりをする。

頭も回らず、後の距離を何分ペースで走れば

5時間カットできるのか、

もう計算もできない。

もがくように走って(歩いて)いた。

38キロ過ぎ、いつもの道の駅を通過。

100回以上走っている馴染みの風景。

たまに見かけるランナーさんともすれ違う。

もうすぐだ。

5時間カットは絶望的。

歩いているようなもんだけど、歩かない。

腕を振る。脚を出す。

最後の2.195キロの長いこと。

もっと言えば最後の195メートルの長いこと。

ピッ、ピッ、ピッという音と共に

GARMINがワークアウト終了を告げた。

記録:5:01:59。

 

 

そばにベンチがあった。

へたり込みたかった。

けど、脚が痛くてへたり込めない。

ゆっくりゆっくり、腰を下ろした。

脚を伸ばし、空を見上げて、

完走したんだ、と想いを噛み締めた。

記録は5時間切れなかったけど、

ケジメの記念のチャレンジに、

十分なご褒美を頂いた気がした。

 

ベンチにへたりながら、昨日のブログを書いた。

なんも言えねえー。

それしか、なかったなあ。

 

***

 

今日もご来訪いただきありがとうございます。

今日は休足日。

筋肉痛は意外と無く、ハムにハリがある程度。

まっくさんから、

我々世代の筋肉痛は、若い人より遅れてくるよ、

とご忠告頂いた。

ホントにそうなんだよね。。

明日会社行けるかな・・。